グルメ奉行と自遊帳 2

旅食同源   探究心〓情報収集〓行動力
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 野沢羊肉店 ~成田~ 『オーストラリア産生肉』 ]
2009-12-30(Wed) 00:59:45
ジンギスカン

千葉の成田は意外やジンギスカンのお店が多かった。
ひところのブームが来る前から成田にはジンギスカンのお店が多かったという。

成田のメイン滑走路の反対側。

街道沿いに目立たぬように、ひっそりとそのお店は開店していた。


P1000830.jpg
ほとんど読めなくなった看板も印象的(しっかり読める立て看板はある)。

すぐ隣には、今では大勢の予約客にしか開店しないというお店がある。
P1000831.jpg

お店に入るとショーケースはほとんどカラッポ。

真空パックされたと思しきラムチョップ1袋。

それに大型のバットに入ったロースの羊肉が大量に…
聞くと、ラムとマトンの間の羊肉、いわゆるホゲットという肉だ。

値段は4000円/kg(羊脂、タレつき)
2000円/500g(同上)

実際に計りの乗せてくれてる。

おばさんが言うように、確かに羊肉は軽く、ぺろりと食べることができてしまうが、
いかんせん1kgは多すぎるので、500gにしてもらい買ってみた。
P1000832.jpg
鼻を近づけてみると微かに羊肉特有の匂いがするが、
そこはホゲット生肉、マトンほどの臭みは無い。
P1000834.jpg

このタレは秘伝に違いない。
皿に移すと、いろんな薬味が入っているのが分かる。実に美味しい!!
P1000837.jpg

肉を焼いてみると、口に入れた瞬間にわずかに独特の臭みを感じるが、
羊肉が嫌いという人でも食べられるのではないだろうか。
特にこのタレが絶妙だ。

熟成されたのこの羊肉は春や秋のBBQシーズンには
野菜と一緒に焼いて食べると実に美味しいことだろう。

ひところのブームが去ってこのお店も厳しいのかもしれないが、
ひっそりとコアなファンのために頑張ってほしいと思います。



野沢羊肉店
成田市大清水66
TEL:0476-35-0222
スポンサーサイト
肉料理焼肉 | TB:× | CM : 0
DIPIKA(ディピカ) ~茨城県牛久市~ 『インド・ネパール料理』HOME成田鰻願亭 ~成田~ 『リーズナブルに鰻』

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2017 グルメ奉行と自遊帳 2. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。