グルメ奉行と自遊帳 2

旅食同源   探究心〓情報収集〓行動力
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 2007 私的タイシンポジウム② ~日本へ~ ]
2007-11-30(Fri) 08:32:43
短いのだか長いのか・・・
1週間の旅程を終え、帰国の途につきます。

と、その前に。
帰りのUAって非常に時間が中途半端。
1、2時間寝るか寝ないか・・・て微妙なので、
今回は寝ずに、チェックアウトまで屋台で
なんか食べようかと思います。
といっても荷物の整理なんかですぐに時間になったんですけど。。。

ここはスラウォン側のパッポン入口のセブンイレブン。
愛読誌「ジーダイアリー」が裏返しで陳列されてます。
微妙にエロ扱いです(笑)
IMG_9885.jpg

パッポンにも像登場。
日本人男子とペイバーされたタイ女性が一生懸命有料の餌をあげてましたな。
IMG_9888.jpg



3時頃に外に出ると、雨が降ってました。
ホテルのフロントで傘を借りて、パッポン周辺を散歩。
足が真っ黒になってしまいました。
いかにこの辺の道が汚いか・・・

いつの間にか雨はやみ、
この旅最後の食事はホテル前にあった「カノムジーン」屋台で。25B
IMG_9891.jpg

薄っすらとカレーとココナツの風味がする。
自分で勝手に野菜をぶち込むのだが、
勝手が分からないので、オバサンに手伝ってもらった。
辛さを足そうと思ったら、オバサンに「辛いから止めろ」と。
そして麺は日本のそうめんの様な細麺。
すすってみると確かに辛い。かなり辛い。汗がジワーと噴出してくる。
量的には小腹を満たすにはちょうどいいかな、って感じ。
オバサンがちょっと目を放した隙に食い逃げ事件が発生。
店のオバサンがすごく怒ってました。
タイの屋台では目が届かないところが多いので、
日常茶飯事なのではないでしょうか。。

さてさて、チェックアウトをして
ジムトンの前あたりまで歩いてきました。
ソイサリカ周辺のタクシーはロクなのがいないからね。
反対側にいたタクシーがわざわざUターンしてきました。
オレンジ色のタクシー。
気の良さそうなおじさんだったので、スワンナプームと告げ乗りました。
高速で行くか?と聞いてきたので普通の道で行ってくれと言い
メーターで197B。200B支払いでさようなら。
運ちゃん、空港に着くと「国はどこだ?」「今度いつ来る?」
とタイ語で聞いてきます。
なかなか気さくないい運ちゃんにあたりました。

いつもの空港の風景
IMG_9896.jpg

UAカウンターはそれほど混雑していない。
IMG_9895.jpg

搭乗口付近での最後の手荷物検査がウザイ
IMG_9899.jpg

融通が利かないUA。
通路側をリクエストしたのに窓側しか空いてないと。
離陸間もなく。タイの田園風景が広がります。
たぶんウボン辺り。
IMG_0001.jpg

ベトナム上空
メコン川?
IMG_0005.jpg

機内食はチキンヌードル
IMG_0006.jpg
IMG_0007.jpg

パンは嫌がらせに近い固さ。当然残す。

到着1時間半前には軽食
IMG_0009.jpg


成田にはほぼ定刻どおり到着。
友人へのお土産類はトップスの黄色いビニル袋のまま手荷物。
中身はママーと「あきこ」というプラム菓子。
本当はタイの柔軟剤あたりを買ってきてあげたいのだけど、重いからパス。

バッグの中身はほとんどCD。
家にあるレッドビート系CDは70枚以上になってしまった。
でもこれからはタイポップスも収集したいです。
「LYDIA」なんかいいですね~

日本が寒いうちにもう1回行きタイな~~
スポンサーサイト
タイ旅行・現地グルメTB : 0CM : 2
スパイスボウル ~三河島~ 『一品メニューのカレー』HOMEジャルーン・シーフード ~タイ・バンコク~ 『絶品!プーパッポンカリー』

copyright © 2017 グルメ奉行と自遊帳 2. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。