グルメ奉行と自遊帳 2

旅食同源   探究心〓情報収集〓行動力
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 舟和 ~立石~ 『芋ようかん』 ]
2008-08-28(Thu) 10:13:56
前から気になっていた甘味。

暑さも手伝って入ってみることにしました。
IMG_3205.jpg
中はマタ~リな雰囲気が漂ってます。
IMG_3201.jpg
メニュー
IMG_3204.jpg
IMG_3199.jpg
IMG_3200.jpg
まさに下町風な甘味処って感じです。

たまに食べると美味しいですね~~芋ようかん 105円
食べやすく3つに切ってくれます。
1本じゃ足らない感じ。
3、4本食べられそう・・・
IMG_3198.jpg
こちらはあんずジュース210円
缶詰のシロップを薄めた味がそのまんまですが(笑)
ちょうどいい薄まり加減で美味しい。
IMG_3202.jpg
IMG_3203.jpg

久しぶりの栄寿司(写真なし)~甘味の完璧なリレーです

Rating:★★★★☆

舟和
葛飾区立石1-18-10
TEL:3694-0270
営:10~19
休:木
スポンサーサイト
スイーツ甘味・スイーツTB : 0CM : 0
  [ 森伊蔵ゲッツ♪ ]
2008-08-26(Tue) 10:10:22
え~~

芋焼酎です。

森伊蔵です。
IMG_3331.jpg

入手しました。
IMG_3333.jpg

正真正銘本物です。

まだ飲んでません。

飲めません。。。

いつか飲みたいです。

なんかの記念日にでも。
IMG_3334.jpg

楽しみです。

一緒に飲んでくれる方大募集!!









なんてしません

もったいない。
芋焼酎に惚れてTB : 0CM : 2
  [ 麺絆や519 ~亀戸~ 『オペレイションに難』 ]
2008-08-24(Sun) 10:16:00
狭い店内です。
こちらの店は鬼門でしょうか。
私の知る限りでも何度か店が変わってますね~

大勝軒系列のお店が新規に開店。

店内で食券を購入します。
IMG_3197.jpg

通常のつけ麺が750円。ちと高いですな。

で、こちらのお店、覇気がない。
元気がない。
サービス精神がない。
空いた席に案内しない。
狭い店に店員が3人。
どう考えてもお客を待たせることなど無いはずですが・・・

こちらの店を出る頃には待ち客が形成されてましたが、
これは並ぶ需要と供給のアンバランスではなく、
供給側の一方的なオペレイションの不手際によるものと思われます。

つけ麺
デフォでサイコロ状のチャーシューが入ってますが、
豚肉の臭みが抜けてません。はっきり言って臭い!
IMG_3195.jpg
麺は固ゆでのちぢれ麺
中盛りから追加料金がかかります。
IMG_3196.jpg

昨日今日オープンした店でもないでしょうに。。。
カウンターから客に丸見えの店はそれなりに魅せる努力をしないと・・・

Rating:★★☆☆☆

麺絆や519
江東区亀戸2-14-6
Tel:3637-4287
営:11~15、17~23
休:未定
ラーメンラーメンTB : 0CM : 4
  [ ラタナ ~茨城県河内町~ 『タイのお菓子 ドックチョック』 ]
2008-08-20(Wed) 10:06:42
田んぼの真ん中にポツンと商店があります。

なぜにこんな辺鄙な場所に・・・

田舎に・・・

タイのお菓子の製造工場・直売店です。

IMG_3252.jpg
製造者は大橋ラタナさんです。

このお店ではこのお菓子だけ作って売っているようです。
IMG_3251.jpg
日本の皇室とタイのプミポン国王とシリキット王妃の写真も飾ってあります。

このドックチョック
花のような形で、胡麻がまぶしてあって油で揚げたお菓子。
甘さがタイのそれと違って適度で、とても美味しいです。
IMG_3253.jpg
IMG_3255.jpg
賞味期間も2ヶ月弱あって、日本では珍しいので贈答に喜ばれそうなお菓子ではないでしょうか。
1袋300円。

茨城県河内町大徳鍋子新田460-1
Tel:0297-84-2029
大橋ラタナ
こんな店に行ってきましたカレー、エスニックTB : 0CM : 0
  [ 東北~北海道(函館) 速紀行 完 ]
2008-08-16(Sat) 10:46:59
いよいよ3日目最終日。

函館の朝はやはり朝市。

ちょっと早起きしてみました。

まずは「ぶっかけ食堂」でありがちな海鮮丼。
IMG_0048.jpg

市場内を散策しながらつまみ食い。
IMG_0049.jpg
この巨大なボタン海老、たしか1本500円くらいだったような・・・
凍ってましたが、水でとかして何とか食べられるくらいに。
手が凍傷になるかと思いました~
IMG_0050.jpg
うまいものと危険は隣り合わせ、ということ。

函館の自由市場へ移動して美味しそうなホタテをゲット
IMG_0051.jpg

その後、函館名物の市電を乗りこなして寒い函館を観光三昧。

海沿いのどこかのラーメン屋で食べたラーメンはそれほど美味しくなかった。。。
IMG_0052.jpg

こうして3日間の東北~函館の短い旅は終わりました。
かなり充実した旅程で大満足でした。




北海道のグルメ旅行・現地グルメTB : 0CM : 0
  [ 東北~北海道(函館) 速紀行5 ]
2008-08-11(Mon) 10:23:38
晩飯は函館の有名な料理屋『根ぼっけ』さんです。

こちらは一見強面なご主人が有名ですが、
親切にいろいろなことを説明してくれます。

まずは根ボッケの刺身
よく出回っている「縞ホッケ」と違い、身の締りがあって絶品の食感です!
IMG_0041.jpg
なんだか不明
IMG_0042.jpg
いよいよ根ボッケ焼です。
大きさを選べるのですが、これでも小さい方なんです。
でもこれも十分な大きさです!
IMG_0043.jpg
とにかく適度な脂身です。そして身の締りがいいですね~。
これに比べると縞ホッケがいかに脂が過剰かよく分かりました。

これは兜焼
IMG_0045.jpg

他にもたくさん食べましたが、写真はこれだけです。
絶品料理を出してくれるのですが、いかんせん値段がそれなりに高いですね。

そして、こちらは続く夜食。
地元の函館っこが集う居酒屋です。
タクシーで昭和店へ行きました。
居酒屋ココ
安くてうまい庶民的な居酒屋です。
生きてる海老を剥いていただきます。
IMG_0046.jpg
このかには異常に安かったので頼んでみたら
中はスカスカのかにでした。。。やられた~~
でも安かったから仕方なし。
IMG_0047.jpg
こちらでもたらふく食べて飲んで・・・
タクシーで帰還して健全に函館の夜を過ごしました。。。

北海道のグルメ旅行・現地グルメTB : 0CM : 0
  [ 東北~北海道(函館) 速紀行4 ]
2008-08-06(Wed) 10:53:30
気仙沼で1泊した後はいよいよ北海道へ向けて全速前進です。

と、その前に・・・
気仙沼の海の市へ行き、もう少し海鮮をいただくことにします。
海の市内にある食堂。
IMG_0037.jpg
地元の人向けに即売している海鮮コーナーへ行き買い食い。
IMG_0038.jpg
超新鮮な生きているホタテは剥きたてを手のひらに乗せると
まだ動いているのが分かるんです。



新幹線~特急を乗り継ぎ、夕方には函館へ到着。
特急に乗る前に、八戸駅で駅弁『八戸小唄寿司』を購入。
富山のマス寿司にも負けないくらい有名で美味しい。
三味線に使うバチ?のようなものでいただきます。

さて、時間はグ~ンと経過して夕方。
函館の一流ホテル「函館プラザホテル」へ投宿。
吹雪のような函館駅のそばを早歩きで向かったのは
朝市市場内にある食堂『ウニのむらかみ』さん。
ウニ丼といかマヨネーズ焼
ウニは馬糞ウニではなく、ムラサキウニですがとても甘くて美味しい。
IMG_0039.jpg
IMG_0040.jpg

以上は夕飯。

この後、晩飯~夜食と続きます。

函館の夜は長いのです。

北海道のグルメ旅行・現地グルメTB : 0CM : 0
  [ 東北~北海道(函館) 速紀行3 ]
2008-08-01(Fri) 10:53:14
1泊目の目的地は気仙沼です。

闇夜を走る列車が気仙沼に着いて、
ほぼ駅前一等地のビジネスホテル「パールシティ気仙沼」に投宿します。

もちろんここはビジネスホテルなので、ご飯はつきません。
荷物を置いて、一段落して向かったのは本日夜食のメイン「海鮮」を食すために
前もってリサーチしておいた、地元民が集う居酒屋「ぴんぽん」さんです。

駅前でタクシーを拾い、ちょっとした繁華街にある店まで2、3分で着ました。

中はすごい活気というか熱気です。
元気な板さんに、前もって予約を入れておいた名前を告げ、中へ通されます。

狭い入口ですが、奥は広々です。
金額は失念しましたが、激安高CPの刺し盛りです。
観光客相手の店とは違い、地元仕様の値段と内容です!!

IMG_0035.jpg

他にも小皿をいろいろ・・・
写真以外にもたくさん食べたんですが~~
IMG_0036.jpg

ここは本当におすすめです!
役立つかわかりませんが、リンク貼っておきます。こちら

こちらで腹一杯海鮮を食した後はホテルへ戻り、

深夜に小腹がすいたので、ホテル近くの海鮮バー?
「飲食ベー(いくべー)」さんで牡蠣やビールなどを食べました。
ここのマスターとママさんはとても訳アリでとても楽しい人なんです!!
マスターは酔うと手がつけられないですが面白トークが炸裂!ママは年の差○○歳の美人です。。。

夜中までマスターに飲まされ、予定外のカラオケで盛り上がり・・・

こうして初日、東北の寒い夜は更けていきました。。。
グルメ♪食の記録旅行・現地グルメTB : 0CM : 0

copyright © 2008 グルメ奉行と自遊帳 2. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。