グルメ奉行と自遊帳 2

旅食同源   探究心〓情報収集〓行動力
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 麺屋武蔵 江戸きん ~浅草~ 『濃厚独創スープ』 ]
2008-03-24(Mon) 10:58:29
浅草は浅草寺にすぐそば。
この地は鬼門か・・・なんて最近まで思ってました。
いろんな店が開店してはすぐつぶれ・・・
いくら武蔵系でも苦戦するだろうな~なんて思ってたら
案の定苦戦され、店長は必死捨て身の渾身の独創的豚骨スープを創られたそうな。
メディアにとりあげられた影響もあるのでしょうが、
コンスタントにお客さんが入っているようですね。
場所柄ガイジンの姿も。
IMG_1293.jpg

武蔵系はなぜに店員の数が多いのか・・・
その多さが価格に乗せられているので、相場より高い値段なんでしょうな~
IMG_1285.jpg


さて、渾身の一撃、味玉豚菜らー麺880円を頼みます。
入口の券売機で購入。
少々待たされ、きました。
IMG_1286.jpg

オーソドックスな盛り付け
IMG_1287.jpg

チャーシューは下に沈め、温めて食べます。
柔らかく無難に美味しい
IMG_1288.jpg

太くちょっと固めの麺は個性の強いスープに負けない強さ。
ぶつっときれる噛み応え
IMG_1289.jpg

味玉も下に沈めて加温したほうがいいです。
かなりウェルダンな半熟。
IMG_1291.jpg


そしてこの黄色がかった野菜が溶け込んだスープ。
豚骨と混ざってかなり濃厚で、他店では飲んだことが無いような独特な味わい。
色的な感覚からか、ターメリックのようなカレー風味がほのおかにするような味わい。
そのままつけ麺のつけ汁にしてもいいような濃さではないでしょうか。
IMG_1292.jpg


この濃さは良くも悪くも個性的。
連食は困難な粘りです。
器が小さい割には食べ応えがありました。
メンマもなかなかいい味です。

Rating:★★★★☆

麺屋武蔵 江戸きん
台東区浅草1-2-3
Tel:3843-3634
スポンサーサイト
ラーメンラーメンTB : 0CM : 0

copyright © 2008 グルメ奉行と自遊帳 2. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。