グルメ奉行と自遊帳 2

旅食同源   探究心〓情報収集〓行動力
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 富山ブラック(カップラーメン) 寿がきや ]
2010-07-15(Thu) 23:33:08
先日富山へ行った時に「大喜」で食べた富山ブラック。

そして富山市街のあるコンビニに売っていた富山ブラック。
土産に・・・とも思ったが、かさばるので止めにして、
お店のものと比較するために自分用に1個だけ購入した。


製造は寿がきや。富山県の会社ではなく中部地区の会社。
値段は200円強。高いと感じるか安いと感じるかは個人の感覚ってところか。

P1020516.jpg

黒々したスープは黒胡椒の香りと味が強い。
本物は一口飲むとその塩分濃度にヤラレてしまったが、
このカップ麺はバランスという意味では本物よりいい。
P1020517.jpg

見る見るうちに麺にスープが浸透し、黒くなっていく。
P1020518.jpg

麺の出来が本物を再現していないのが残念。
丸い麺でモチモチ感がほしいところ。

しかしスープは圧倒的な黒胡椒が引き立っていて特徴は出ていると思いました。
スポンサーサイト
ラーメンウチめし | TB:× | CM : 0
  [ キンレイ 濃厚魚介豚骨つけ麺  ]
2010-05-20(Thu) 00:49:10
烈士洵名、気むずかし屋などをプロデュースしたらしい塚田兼司という方が監修したもの。

P1020338.jpg
このスープはお湯で薄めずにこのまま使えるタイプ。
P1020339.jpg

なんと、チャーシューとメンマが付いてますが、オマケ程度のもの。
P1020340.jpg

けっこう油が浮いてます
P1020341.jpg

300gの麺
P1020342.jpg

絡みもよくなかなかおいしい
P1020343.jpg
ラーメンウチめし | TB:× | CM : 0
  [ 7-11 キンレイ とみ田 つけそば ]
2010-04-28(Wed) 00:34:56
内食つけめんの連食

最後は「とみ田」
P1020204.jpg

近所のセブンで売ってます。
大勝軒のつけめんも売ってましたが、
やはり「とみ田」の個性がどこまで表現できているか?
を確認したくてこちらを購入しました。

値段は198円。意外にリーズナブル・・・
実店舗は意外に高いのに。

この商品は冷凍ですね。
冷凍は麺に優位に働くと思います。
P1020205.jpg

蘇生は手間を惜しまず電子レンジを使用せずに
やはり熱湯で時間をかけて。
P1020208.jpg

つけ汁はこんな感じ
P1020209.jpg
他の2食に比べると油が多いですね

熱湯を注いで混ぜてもなかなか混合しづらかった
P1020214.jpg
つけ汁の粘度は実店舗のものとははるかに及ばないが
実店舗のものが異常といえば異常な濃度だと思います。

蘇生後の麺はちょっと黒みがかった色合い。
なかなか本格的です
P1020212.jpg

P1020213.jpg

つけ汁との絡みはまぁまぁですが
粘りは六厘舎が上かな
P1020216.jpg

残ったつけ汁を飲んだのですが、
塩分というかえぐみが気になります。
その点、六厘舎のものは違和感なく飲むことができました。


Rating:★★★☆☆

ラーメンウチめし | TB:× | CM : 0
  [ 日清 つけ麺の達人(濃厚魚介醤油) ]
2010-04-27(Tue) 00:09:17
引き続きチルド食品ネタ

パッケージをよく見ると、せたが屋・TETSU・多賀野という3店舗のコラボ開発らしい。
このうち行ったことのあるのはTETSUのみ。

P1020196.jpg
これは300円弱で2人前の量です。
P1020197.jpg
六厘舎よりはお得ですが、CPはどうでしょう?

P1020199.jpg
麺の太さは六厘舎とそんなに変わらない印象


つけ汁の原液も色・香りとも似ている
P1020200.jpg

さすがに2人前は量がありますが、
実店舗ではこれくらい普通盛り程度ですね。
P1020201.jpg

麺の加水率が高いのかつけ汁の絡みがいまいちで、
つけ汁が減りません。
P1020203.jpg

この後はスープ割りの粉を入れ、お湯を足して飲みました。
満足度は六厘舎の方が高い。

今度は六厘舎のものを2袋購入して食べようと思う。


Rating:★★★☆☆
ラーメンウチめし | TB:× | CM : 0
  [ 日清 六厘舎つけめん  ]
2010-04-26(Mon) 00:51:11
スーパーの生麺コーナーで見つけて買ってみました。
発売されてもう1年以上は経つ商品です。

200円そこそこで行列に並ばず、あの味に近いものが堪能できるなら安いものでしょう。
あの味といっても個人的には久しく六厘舎には伺っていないので
どんな味だったか覚えていませんが、麺の太さには面食らった覚えがよみがえってきます。

P1020187.jpg

P1020188.jpg
こう見ると麺は200gだけど少なく感じます。
P1020189.jpg



まずはつけ汁を準備
原液は真っ黒で濃厚そのもの
この時点でいい香りです
P1020190.jpg

湯で薄め、魚粉も投入
P1020191.jpg


さて、出来上がり
P1020192.jpg
茹でると意外に麺が多く感じます
P1020193.jpg
市販品ではかなり太い麺の部類ですが、
実際の店舗のものはもっと太い記憶があります。

つけ汁の絡みもなかなか
P1020195.jpg


すぐに食べ終わってしまいましたが満足度はけっこう高い。
これを2人前食べるとしたら400円強。
量的、味的にもだいぶ満足するだろう。

美味しかった。
ただ、麺を冷水でしめすぎたのか、
つけ汁が2口目くらいから冷たくなり課題が残った。。。


参考→2006年の実店舗レポ


Rating:★★★★☆
ラーメンウチめし | TB:× | CM : 3

copyright © 2017 グルメ奉行と自遊帳 2. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。